草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

書籍の紹介 その1

最近、教会で本を頂くことが何度かありまして折角なのでご紹介しようと思います。

 

次の3種類(計11冊)です。

1.「私の歩んだ道~草津よいとこ?七五年」 石浦教良著 好善社ブックレット

2.「風のうた 偏見と差別解消が芽吹きする」 藤田三四郎著 新葉館出版

3.「石垣信祐の聖書ものがたり」第1集~第9集 石垣信祐著 自費出版

 

今回は、1の

「私の歩んだ道~草津よいとこ?七五年」石浦教良著

をご紹介したいと思います。

2と3は次回以降にご紹介いたします。

 

1の書籍ですが、石浦さん本人から直接頂き、強引にも(?)サインして頂きました。

本書は好善社ブックレットとして発行されており、好善社主催「ハンセン病を正しく理解する講演会」2014年6月21日の講演内容をまとめたものです。

 

生い立ちから5才のときに草津に来てからのこと、草津湯之沢で過ごしたこと、栗生楽泉園の保育所に移ったこと、ハンセン病の発症のこと、園内での生活や作業のこと、仕事のこと、ある職員との出会いのことなどを話されました内容です。

その後の質疑応答も記載があります。

 

実は石浦さんとは教会の礼拝で一緒ですので、いろいろとお話は聞いております。

でも、藤田三四郎さんと違い石浦さんの本は少ないのでこの書籍は貴重だと思います。

入手したい方は好善社にお問い合わせ願います。

申し訳ありませんが、在庫の有無は未確認です。

(つづく)

f:id:jlms4782aka:20170915213657j:plain