草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

81年前の1月8日

1935年4月にコンウォール・リー女史は4回目の静養を終え英国より帰国した。

しかし、リー女史の体調は優れず、しかも、草津の冬は年老いた女史には厳しすぎた。

そのころ、南関東教区時代に共に働いた友人のシメオン宣教師より、温暖な兵庫県明石で静養する旨の誘いを受ける。

当初リー女史は受け入れようとしなかったが、教会員たちの説得があり涙ながらに受け入れた。

リー女史は1935年のクリスマスが近づいたころ、教会の信徒たちにメッセージを送っている。

 

1936年1月8日午前、ついに湯之澤を離れ友人の宣教師シメオンと共に暮らすために兵庫県明石に向かった。

信徒たちは涙にまみれながら手を振り別れを惜しんだ。

このときが、湯之澤の人々との今生の別れになったのである。

 

なお、リー女史が去った日の午後三時ころ聖マーガレット館(非感染児童のための施設)が原因不明の出火で焼失した。

しかし、同年秋には焼失前とほぼ同じかたちで復元、再建する奇跡が起きたのである。

 

f:id:jlms4782aka:20170108144214j:plain

 

f:id:jlms4782aka:20170108144226j:plain