読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

「おいで子どもたち」   初めて陪餐する子どもたちへ 紹介

昨日、教会で「おいで子どもたち」(日本聖公会発行)を入手(購入)した。

草津の写真が多数掲載されているとのことだったので期待しつつ購入したのである。

 

帰宅後、早速読んでいるうちに、自分が初めての陪餐に授かるときのことが思い起こされた。
確か25年前のクリスマス礼拝の中で洗礼式をしていただいた。
そして、洗礼式のあとに聖餐に初めて授かったのである。
詳しくは記憶していないが、確か教会の姉妹に”聖餐を受けてください。”と言われた記憶がある。

 

その後、自己中心に生きてきた自分だが多くの恵みを頂いた。
そして、今も教会に連なり聖餐に授かることができている。

 

子どものための小さな絵本だが、大人が手に取るのもよい。
そして、自分が初めて陪餐に授かったことを思い起し主の導きを感じ取ってはいかがだろうか。

 

おいで子どもたち
  初めて陪餐する子どもたちへ

発行:日本聖公会

文:斎藤惇夫 写真:田中雅之

定価:700円+税

f:id:jlms4782aka:20161114193619j:plain