読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

第7回「信徒・教役者の集い」 至志木聖母教会

キリスト教

日本聖公会北関東教区、第7回「信徒・教役者の集い」が去る10月9日から10日にかけて志木聖母教会にて開催されました。

 

主題:「今の教会を生きる」―教区成立120年を記念して

 

プログラム
9日(日)
・夕の礼拝
・講演①「教会の証―今の教会を考える」
    講師:植松首座主教さま
・教会の紹介
・教区120周年記念祝会

10日(月)
・み言葉の礼拝
・講演②「私たちの務め―今の私たちを考える」
    講師:植松首座主教さま
・教区主教講話「教区120年を記念して」
・教区120年記念聖餐式

 

植松首座主教さまの2回の講演は、講話の合間に参加者全員で賛美の歌を唄いました。
これは北海道教区でやっているとのことで感動的でした。

北海道教区の広大さや農産物や海産物のたくさんの恵みの話をされ、住むのには良い場所だと感じました。
また、海外の聖公会における日本の役割を首座主教の立場からお話になりました。
日本聖公会は小さな集まりだけれども、韓国と日本の聖公会の関係がモデルケースとなっているなど、大きな役割を担っている話をされました。

教区120周年記念祝会も三次会、四次会?まで行われ盛大でした。

恵みに満ちた2日間でありました。

f:id:jlms4782aka:20161020195339j:plain

f:id:jlms4782aka:20161020195357j:plain