読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

絵本の紹介 「リーかあさまのはなし」

リーかあさま

※絵本の紹介
リーかあさまのはなし

ハンセン病の人たちと生きた草津のコンウォール・リー

中村茂/文 小林豊/絵 斎藤千代/構成
ポプラ社
定価:1,400円+税
グレード:小学校中学年~

※出版社からの紹介
今から約80年前、群馬県草津で、ハンセン病に苦しむ人たちに寄り添い、尽くし、みなから「かあさま」とよばれて慕われたイギリス人宣教師、コンウォール・リーの活動と半生を描く。
少女のころ聞いた牧師の話から、苦しむ隣人とともに生きたいという願いを抱いたリーは、59歳で草津に移住。
以来、教会や医院、幼稚園、病者の暮らすホームをつぎつぎと建て、病気の治療と子どもたちの教育に力をそそいだ。
心ゆさぶる感動の絵本。

www.poplar.co.jp

 

f:id:jlms4782aka:20160902203505j:plain