読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

2月26日の草津の風景

リーかあさま記念館は現在雪に埋もれて?おりますが、4月に再オープンします。 雪の中の栗生楽泉園納骨堂

リー女史の母ジュリアの誕生日

2月8日は コンウォール・リー女史の母ジュリアの誕生日 です。 カナダのニューブランズウィック州の控訴院判事ネヴィル・パーカーの次女として1826年2月8日に誕生しました。 生きていれば191才。 な、な、なんと、わが教会の牧師の誕生日でもあり…

湯之澤を体験した人

昨日の石浦さんの話によると、今現在、 湯之澤を自分の目で見て体験した人は7人だそうです。 湯之澤解散式が1941年5月18日なので、7人はほとんど小さな子どもだった。 知っている人が少なくなったので、いろいろ聞いておかないといけないと感じる。

浅間山と雪の聖マーガレット館

浅間山と雪の聖マーガレット館 写真撮影後、雪となりました! 春はまだ先のようです。

1月22日 母ジュリア帰天

今から110年前の1907年1月22日、コンウォール・リー女史の母ジュリアは帰天しました。 享年80歳でした。 葬儀はハンブル・ル・ライス村の聖アンデレ教会で執り行われ、同教会の墓地に埋葬されました。 このとき既に、父エドモンドも兄ネヴィルも…

81年前の1月8日

1935年4月にコンウォール・リー女史は4回目の静養を終え英国より帰国した。 しかし、リー女史の体調は優れず、しかも、草津の冬は年老いた女史には厳しすぎた。 そのころ、南関東教区時代に共に働いた友人のシメオン宣教師より、温暖な兵庫県明石で静…

迎春

A Happy New Year ! 今日の草津は快晴で浅間山も草津白根山も鮮明に見えました。 昨年は草津聖バルナバミッション100周年でしたが、今日から新たな100周年の一歩です。 皆様も良い年でありますようにお祈りいたします。

今日はリー女史の命日

今日はコンウォール・リー女史の命日です。1936年1月、高齢のため兵庫県明石にて静養しておりましたが1941年の今日、84年の生涯を閉じました。 最後は聖歌「主よ御許に近づかん」を仕女らと共に口ずさみながら帰天されました。 安らかな寝顔であったそうです…

吉村美穂さん Webサイト

11日の草津聖バルナバ教会百周年記念クリスマスコンサートで唄ってくれたソプラノシンガー吉村美穂さん(クリスチャンシンガー)のWebサイトです。 www.miho-yoshimura.com また、FACEBOOKで「吉村美穂」で検索して頂ければ「吉村美穂事務所」が見つかると…

草津聖バルナバ教会百周年記念クリスマスコンサート

12月11日(日)14:30より 草津聖バルナバ教会百周年記念クリスマスコンサート がホテルヴィレッジにて行われました。 【演奏者】ソプラノシンガー吉村美穂さん(クリスチャンシンガー)ピアニスト 野田常喜さん 【セットリスト】1.And the Angels…

「リーかあさま記念館」 本日より冬季クローズです

草津「リーかあさま記念館」は 本日より冬季クローズとなります。 本年も多くの方々のご来館、心から御礼申し上げます。 ありがとうございました。 来年は4月より開館予定です。 (本年3月の写真)

草津聖バルナバ教会 百周年記念クリスマスコンサート

12月11日(日曜日)、 草津聖バルナバ教会百周年記念クリスマスコンサート を開催いたします。入場無料ですので、草津温泉へどうぞいらしてください。 -------- 以下、草津聖バルナバ教会のブログより引用--------- クリスマスコンサートのおしらせ第二弾 以…

雪景色のマーガレット館

雪景色の草津温泉マーガレット館 【沿線】 ハンセン病の聖バルナバミッションにおける未感染児童養育施設として 1924年12月10日完成 1936年1月8日全焼、その年の6月18日再建 1965年頃まで児童養育施設として使用、その後は日本聖公会北関東教区研修所として…

明日22日 服部けさ氏命日

明日22日は救らいの女神と言われた服部けさ氏の命日です。 服部けさ氏はコンウォール・リー女史、三上千代氏に招聘され、草津聖バルナバ医院の医師としてハンセン病患者の診療に尽くしました。 また、当時草津町には医者がいなかったので地域医療や校医と…

Leprosy 湯之澤の記事

本日Leprosyに「湯之澤」の記事が掲載されております。 タイトルは「湯之澤 草津温泉に60年続いた自由療養村」。 その中核をなすのが、聖バルナバミッションであり、イギリス人宣教師であるコンウォール・リー女史である。 町の中央である頌徳公園の近くには…

今日は三上千代氏命日、明日は服部けさ氏誕生日

コンウォール・リー女史が聖バルナバミッションを推進する一環として医療の充実があった。 三上千代氏(看護師)、服部けさ氏(女医)両氏ともに聖バルナバ医院でハンセン病、また地域医療に尽力した人である。服部けさ氏は40歳という若さで志し半ばで病死…