草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

日毎の糧 2019年9月22日 ガラテヤの信徒への手紙6・14~18

日毎の糧

2019年9月22日

ガラテヤの信徒への手紙6・14~18


札幌中央教会

 

6:14 しかし、このわたしには、わたしたちの主イエス・キリストの十字架のほかに、誇るものが決してあってはなりません。この十字架によって、世はわたしに対し、わたしは世に対してはりつけにされているのです。

6:15 割礼の有無は問題ではなく、大切なのは、新しく創造されることです。

6:16 このような原理に従って生きていく人の上に、つまり、神のイスラエルの上に平和と憐れみがあるように。

6:17 これからは、だれもわたしを煩わさないでほしい。わたしは、イエスの焼き印を身に受けているのです。

6:18 兄弟たち、わたしたちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがたの霊と共にあるように、アーメン。

 

FEBC特別番組 「主イエスは私たちに何を問うているのか―ふたりの戦争体験者の証言から」

FEBC特別番組
主イエスは私たちに何を問うているのか

        ―ふたりの戦争体験者の証言から


 小貫雅夫日本聖公会引退司祭
 渡辺信夫日本キリスト教会教師

 

渡辺信夫牧師のお話
戦争で皆が苦労している時に、人々と共に苦しむことがキリスト者の根本的な思想と当初は考えた。
しかし、「自分の生死を自分の判断で決めるということが、信仰的に正しいか」
なぜなら、それは神の領域だからです。

 

心に残る印象的なお話でした。

 

聴取期限は9月26日まで。

netradio.febcjp.com

2019年1月27日(日)顕現後第3主日 礼拝

2019年1月27日(日)顕現後第3主日 礼拝


9:00  聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式
11:00 草津バルナバ教会  聖餐式
――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20181219084641j:plain

 

2019年1月20日(日)顕現後第2主日 礼拝

2019年1月20日(日)顕現後第2主日 礼拝


9:00  聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式


11:00 草津バルナバ教会  聖餐式


――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20190114210740j:plain

2019年1月13日(日)顕現後第1主日・主イエス洗礼の日 雪が残る草津町の風景

2019年1月13日(日)

   顕現後第1主日・主イエス洗礼の日


雪が残る草津町の風景


〇栗生楽泉園 日本聖公会聖慰主教会

f:id:jlms4782aka:20190114210740j:plain

 



〇栗生楽泉園 青年会館(保存修復工事完了)

f:id:jlms4782aka:20190114210801j:plain

 



〇栗生楽泉園 自由地区

f:id:jlms4782aka:20190114210824j:plain

 

f:id:jlms4782aka:20190114210848j:plain

 




〇リーかあさま記念館(クローズ中)入口の屋根のツララがすごい

f:id:jlms4782aka:20190114210924j:plain

 



浅間山を望む

f:id:jlms4782aka:20190114210948j:plain

 

 

2019年1月13日(日)顕現後第1主日・主イエス洗礼の日 礼拝

2019年1月13日(日)

  顕現後第1主日・主イエス洗礼の日 礼拝


9:00  聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式

→都合により中止となりました。


11:00 草津バルナバ教会  聖餐式
――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20181231205201j:plain

 

1月8日 リー女史明石への旅立ち(1936年)

1月8日 リー女史明石への旅立ち(1936年)

 【83年前の1月8日】

 

 1935年4月にコンウォール・リー女史は4回目の静養を終え英国より帰国しました。

しかし、リー女史の体調は優れず、しかも、草津の冬は年老いた女史には厳しすぎました。

そのころ、南関東教区時代に共に働いた友人のシメオン宣教師より、温暖な兵庫県明石で静養する旨の誘いを受けました。

当初リー女史は受け入れようとしませんでしたが、教会員たちの説得があり涙ながらに受け入れました。

リー女史は1935年のクリスマスが近づいたころ、教会の信徒たちにメッセージを送っています。

 

1936年1月8日午前、ついに湯之澤を離れ友人の宣教師シメオンと共に暮らすために兵庫県明石に向かいました。

信徒たちは涙にまみれながら手を振り別れを惜しみました。

このときが、湯之澤の人々との今生の別れになったのであります。

 

なお、リー女史が去った日の午後三時ころ聖マーガレット館(非感染児童のための施設)が原因不明の出火で焼失しました。

しかし、同年秋には焼失前とほぼ同じかたちで復元、再建する奇跡が起きたのであります。

 

f:id:jlms4782aka:20190108215354j:plain

f:id:jlms4782aka:20190108215411j:plain

 

 

2019年1月6日(日)顕現日主日礼拝

2019年1月6日(日)顕現日主日礼拝


9:00  聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式
11:00 草津バルナバ教会  聖餐式
――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20181231205201j:plain

 

2018年12月30日(日)降誕後第1主日  雪の草津温泉の風景

2018年12月30日(日)降誕後第1主日


雪の草津温泉の風景


〇栗生楽泉園「重監房資料館」

f:id:jlms4782aka:20181231204924j:plain

 

f:id:jlms4782aka:20181231204939j:plain




〇栗生楽泉園「納骨堂」

f:id:jlms4782aka:20181231205006j:plain

 

f:id:jlms4782aka:20181231205053j:plain

 

f:id:jlms4782aka:20181231205108j:plain





〇栗生楽泉園より浅間山

f:id:jlms4782aka:20181231205127j:plain



〇聖マーガレット館

f:id:jlms4782aka:20181231205144j:plain



草津バルナバ教会&リーかあさま記念館

f:id:jlms4782aka:20181231205201j:plain

 

2018年12月30日(日)降誕後第1主日礼拝 & 2019年1月1日(日)元旦礼拝

2018年12月30日(日)降誕後第1主日礼拝
9:00  聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式
11:00 草津バルナバ教会  聖餐式


2019年1月1日(火)元旦礼拝
9:00  聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式
11:00 草津バルナバ教会  聖餐式
――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20181219084603j:plain