読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草津町と中之条町の日記

群馬県中之条町より発信

2017年5月28日(日)復活節第7主日(昇天後主日) 礼拝

2017年5月28日(日)復活節第7主日(昇天後主日)礼拝
 9:00 聖慰主教会      聖餐式
11:00 草津バルナバ教会 聖餐式
 
旧約聖書 使徒言行録 1章(1-7),8-14節 または 
     エゼキエル書 39章21-29節
使徒書  ペトロの手紙 一 4章12-19節 または
     使徒言行録 1章(1-7),8-14節
福音書  ヨハネによる福音書 17章1-11節
 
――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20170424195202j:plain

シラネアオイ

リーかあさま記念館前のシラネアオイが満開です。
 
今日はあいにくの雨の草津温泉ですが、20日撮影の写真です。
 
草津温泉へお越しの際は、ぜひ「リーかあさま記念館」にお寄りください。
 

f:id:jlms4782aka:20170525080115j:plain

f:id:jlms4782aka:20170525080134j:plain

f:id:jlms4782aka:20170525080153j:plain

2017年5月21日(日)復活節第6主日 礼拝

2017年5月21日(日)復活節第6主日 礼拝

9:00 聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式
11:00 草津バルナバ教会 聖餐式

旧約聖書 使徒言行録 17章22-31節 または 
     イザヤ書 41章17-20節
使徒書  ペトロの手紙 一 3章8-18節 または
     使徒言行録 17章22-31節
福音書  ヨハネによる福音書 15章1-8節

――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20170516072342j:plain

2017年5月14日(日)復活節第5主日 礼拝

2017年5月14日(日)復活節第5主日 礼拝


9:00 聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式
11:00 草津バルナバ教会 聖餐式

 

旧約聖書 使徒言行録 17章1-15節 または 
     申命記 6章20-25節
使徒書  ペトロの手紙 一 2章1-10節 または
     使徒言行録 17章1-15節
福音書  ヨハネによる福音書 14章1-14節

 

――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20170318063838j:plain

第7回草津 母の日 コンウォール・リー女史生誕祭 ご案内

第7回草津 母の日 コンウォール・リー女史生誕祭

と き:2017年5月20日(金)

   午前11時(約30分程度)

ところ:頌徳公園 リー女史胸像前

※胸像に捧げるお花を一輪お持ちいただけると幸いです。

プログラム:コール アンダンテによる奉唱/献花/「母ぎみにまさる」(メロディは「月なきみ空」や「いつくしみ深き」と同じ)斉唱など。

※雨天時は、プログラムを縮小して行います。

主催:コンウォール・リー女史顕彰会

    日本聖公会北関東教区

問合せ:草津バルナバ教会牧師 松浦 信

       ☎0279-88-3640

---

かあさま。

当時の人々は、彼女のことをそう呼びました。

 今から丁度100年前、この「かあさま」と呼ばれた人物、イギリス人宣教師メアリ・ヘレナ・コンウォール・リー女史は58歳のときに草津に住みます。ここから、彼女の鮮烈な半生が幕を開けます。

 当時の草津にはハンセン病に苦しむ人たちが温泉の力にすがろうと湯治を行っていました。その人たちのため、住む家、教会、病院、学校、幼稚園など私財を投じ整備をしてゆきます。

 さらに彼女は病に苦しむ多くの人たちの中で生活し、辛いときも苦しいときも共に過ごし、病で苦しむ人たちに常に寄り添いました。

 激しい差別から、愛する故郷を追われ、家族とも離れねばならなかった人たちにとって、リー女史の優しさや温かさは、まさに「母親」を感じさせるものだったに違いありません。また、病ではない草津町の人たちにも慕われていたといいます。

 

 5月20日は、リー女史の誕生日です。草津の「かあさま」が生まれた日を「草津母の日」として祝います。どなたでも参加できますのでお気軽に頌徳公園にお集まり下さい。

 マザーテレサよりも遥か前に、草津で多くの病人の母となったイギリス人女性に思いを馳せてみませんか。

 

f:id:jlms4782aka:20170510195619j:plain

5月7日の草津の風景

5月7日の午前5時の草津の風景です。

 

まだ、朝日が昇りきっていませんでした。
朝の散歩の方、犬との散歩の方、また、ジョギングをしている方など数名と出会いました。

 

湯畑より中和工場の横を通り、頌徳公園のリー女史の胸像へ。
その後、朝の温泉へと向かいました。

礼拝出席前のきよめです(^^)

 

f:id:jlms4782aka:20170509211701j:plain

f:id:jlms4782aka:20170509211715j:plain

f:id:jlms4782aka:20170509211730j:plain

f:id:jlms4782aka:20170509211745j:plain

f:id:jlms4782aka:20170509211758j:plain

f:id:jlms4782aka:20170509211811j:plain

4月30日の草津の風景

4月30日の草津の風景
 
「リーかあさま記念館」前の雪はようやくなくなりました。
しかし、マーガレット館の庭の雪は残っています。(写真失念)
 
栗生楽泉園も暖かくなり、水仙の花が満開です。

f:id:jlms4782aka:20170430195238j:plain

f:id:jlms4782aka:20170430195253j:plain

f:id:jlms4782aka:20170430195325j:plain

f:id:jlms4782aka:20170430195335j:plain

f:id:jlms4782aka:20170430195346j:plain

2017年4月30日(日)復活節第3主日 礼拝

2017年4月30日(日)復活節第3主日 礼拝


9:00 聖慰主教会(信徒宅) 聖餐式
11:00 草津バルナバ教会 聖餐式

 

旧約聖書 使徒言行録 2章14a,36-47節 または 
     イザヤ書 43章1-12節
使徒書  ペトロの手紙 一 1章17-23節 または
     使徒言行録 2章14a,36-47節
福音書  ルカによる福音書 24章13-35節

 

――――――――――――――――――――――――――
日本聖公会 北関東教区
 草津バルナバ教会
    吾妻郡草津町草津289
 聖慰主教会
    吾妻郡草津町草津乙650(冬季は信徒宅にて礼拝)
――――――――――――――――――――――――――

f:id:jlms4782aka:20170427162000j:plain

「リーかあさま」の紹介

23日に「リーかあさま記念館」がオープンしましたが、リーかあさまについて解説しようと思います。

「リーかあさま」の紹介

 古くから万病に効くと言われる草津温泉には、多くの人がこの地を訪れ湯治のために滞在または永住いたしました。

明治の年代になり、ハンセン病を患う人々が草津の中で増えてきて、明治20年には草津の湯之沢という所にハンセン病の人々の集落が誕生しました。

集落では、病気が治らず財産を使い果たし自暴自棄になる人や自殺に追い込まれる人も多数いました。

 大正時代に入り、英国人宣教師であるコンウォール・リー女史によって開設された聖バルナバミッションの働きが、多くの病者の光となりました。

リー女史は私財をはたき、またイギリスやアメリカの教会からの寄付を受けながら、生活の場としてのホーム、幼稚園や小学校の教育機関、医療機関としての病院などの事業を広げていきました。

それは初めから壮大な計画があったのではなく、事業の中心である草津バルナバ教会の働きの中から必要に応じて設置していきました。

最初の課題は独身女性、次に子どもたちの救済でした。

一人の女性を救うために旅館の一室を借り受けることから始めた「愛の家庭」は女子ホーム「聖マリア館」の先駆けとなりました。

また、米国のミセス・ホー姉による寄付で健康者児童ホーム「聖マーガレット館」が設立されました。

 事業は大きくなろうとも、女史は病者一人ひとりに手厚く訪問看護し、どのような人も大切にされました。

病気で亡くなった人にも自ら湯灌を施し教会で葬儀を行い最後まで患者さんを人として大切にされました。

 人々はコンウォール・リー女史のことを「かあさま」と呼び心から親しみました。

記念館の展示をご覧になり、当時の人々が感じた想いの少しでもご理解いただければ幸いです。

(りーかあさま記念館説明文より)

f:id:jlms4782aka:20170208194922j:plain

 

リーかあさま記念館再オープン

「リーかあさま記念館」が再オープンしました。

先週まで、記念館前に雪が積もっており玄関の扉が開きませんでしたが、ようやく開くようになりました。

でも、写真のようにまだ残雪があります。

 

【開館日時】今年度は、4月23日より11月まで開館いたします。

      平日および土曜日 午前10時から午後3時まで、

      日曜日      正午から午後3時まで

 

【休館日】 火曜日(8月はオープンします)

     (都合により臨時に休館することがあります。その場合はネット上などでお知らせいたします。)

      ※事前にご連絡をいただきましたら、開館時間外でも都合が付く限り開館いたします。

 

【場 所】 吾妻郡草津町大字草津289 草津バルナバ教会に隣接する建物

      (旧第一保育園の裏手、コンウォール・リー頌徳公園地蔵側入口)

 

【問い合わせ先】090-5311-6760

ホームページURL http://dango3k.music.coocan.jp/leghkinenkan/

リーかあさま記念館ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/gfctg366

 

f:id:jlms4782aka:20170424195133j:plain

f:id:jlms4782aka:20170424195143j:plain

f:id:jlms4782aka:20170424195153j:plain

f:id:jlms4782aka:20170424195202j:plain